アジアの先進国: 行き詰まり

英日同時通訳あり

本ウェビナーは終了しました。ご登録の上、録画版をご視聴ください。

Click to register for the on-demand.
Click to register for the on-demand.

外需の弱さに内需の鈍化が加わり、アジアの先進国の成長は勢いを失っています。インフレ率は低下傾向にあるものの、快適というには依然高すぎるため、家計と企業は支出に消極的になっています。対外的な見通しは、中国の回復の遅れ、米国の個人消費のサービス志向へのシフト、および技術サイクルの低迷によって複雑になっています。この地域はグローバル・サプライチェーンへの依存度が高いため、商品価格ショックや地政学的摩擦の影響に脆弱です。ただし、すべてが悲観的というわけではありません。将来は、アジアの先進国市場にとって課題と同時に機会ももたらします。
 
トピック

  • アジアの先進国市場の向かい風と追い風
  • インフレと金融政策の見通し
  • 為替レートと投資フローの影響
  • 見通しに対するリスク

このウェビナーでは、日本、韓国、台湾、シンガポール、および香港の経済見通しについて解説します。皆さまのご参加を心よりお待ちしております。

  • Speakers keyboard_arrow_down
    image
    Steve Cochrane Chief APAC Economist Moody's Analytics BIO
    image
    Katrina Ell Director-Economic Research Moody’s Analytics BIO
    image
    Stefan Angrick Senior Economist Moody's Analytics BIO
    image
    Denise Cheok Economist Moody's Analytics BIO