language 日本語 English 简体中文

アジア太平洋地域経済の見通し: 来年に期待

英日同時通訳をご用意しております

ご登録いただければ、オンデマンドを視聴いただけます。

Event registration is now closed. Click above to register to watch on-demand.
Event registration is now closed. Click above to register to watch on-demand.

アジア太平洋地域は今年、圧力にさらされてきました。世界的な金融引締めの波が、輸出や内需の足かせとなり、インフレ率は依然として不安定です。中国の期待外れの景気回復はさらなる重荷となっています。

借入コストの上昇は長期化が見込まれますが、2024年に向けて改善の兆しもいくつか見え始めています。より広範な指標は依然不透明であるものの、中国の内需が少なくとも底を打ったという初期の兆候がみられています。また、韓国と台湾で生産されるハイエンド・チップの需要が強まり、世界の技術サイクルの下降局面は、曲がり角に差し掛かっている様子です。
 
このウェビナーでは、ムーディーズ・アナリティックスのエコノミストのSteve Cochrane、Katrina Ell、Stefan Angrick、およびHarry Murphy Cruiseがアジア太平洋地域の現状と2024年の見通しについて解説します。
ぜひ奮ってご参加ください。

論点:

  • 2024年の成長率、インフレ率、および金融政策の見通し
  • 中国、インド、日本がアジア太平洋地域の情勢にどのような影響を与えるか
  • 地政学に関する詳細と中国および米国の重要な関係が同地域にどのような影響を及ぼしているか
  • 東南アジアがサプライチェーンの構造変化からどのような恩恵を受けるかについての見解

*英日同時通訳をご用意しております。

  • Speakers keyboard_arrow_down
    image
    Steve Cochrane Chief APAC Economist Moody's Analytics BIO
    image
    Katrina Ell Director-Economic Research Moody’s Analytics BIO
    image
    Stefan Angrick Senior Economist Moody's Analytics BIO
    image
    Harry Murphy Cruise Senior Economist Moody's Analytics BIO